Home > お出かけクチコミ > 多目的室/JR新幹線/JR在来線

多目的室/JR新幹線/JR在来線【】

投稿日:08/09/06 
投稿者: はこすけ
参考になった:42
JRの新幹線や特急などに設置されている多目的室について。

医療ケアが必要な方や通常の座席では難しい(寝た状態が良いなど)や体調の不調、障害によってはたくさんの人と一緒に過ごせない場合などに利用できれば、遠くへの外出も可能なのではとカキコミさせてもらいます。

多目的室は障害がある方や授乳、オムツ交換、体調不調の方に無料(通常の乗車に必要な乗車券や特急券は必要)で貸し出しして下さっています。
「ベット」がある、「個室」という特徴があります。

多目的室は通常施錠されています。利用するには、車内で車掌さんに申し出る必要があります。車掌室の近くの座席を取っておくほうがいいかもしれません。
また、多目的室は1編成に1室しかなかったりするので、予約されていたり、先に利用されている方がいると使えません。どうしても必須の場合は事前に理由とともに予約をお願いしたほうがよいでしょう。また、調子が悪いなど困った時も、車掌さんに一言調子が悪い旨を伝えておくと、多目的室の利用者の方に伺いを立ててもらえるかもしれないので聞いてみたらよいかもしれません。

室内は1.5〜2畳程度の広さで、内部から施錠ができ、座席を広げてベット状にすることができます。
山陽新幹線の場合、16両編成の「のぞみ」、「ひかり」の11号車、8両編成の「ひかりレールスター」の7号車、4,6両編成の「こだま」の3号車に設置されています。
他にもJR東日本、東海などなど各社管轄の新幹線、特急に多目的室、車いす対応トイレなどが用意されています。詳細はオフィシャルサイトで確認してください。(車両によって設置状況が異なります)

JR北海道
 バリアフリー情報
JR東日本
 お身体の不自由なお客様へ
JR東海
 お体の不自由なお客様へ
JR西日本
 お身体の不自由なお客様へ
JR四国
 お身体の不自由なお客様へ
JR九州
 バリアフリー情報不明

障害など特別な理由がないと事前の予約はできません。また理由があっても対応の方が不慣れな場合手間取ることがあります。早めに確認した方がよいようです。(私が予約をお願いした際も結構手間取りました。事前の電話では大阪の運行センタに事前3日前の予約が必要とか医師の診断書が必要とか言われましたが実際の窓口では不要でした)
また、障害が重たい方は事前に予約をしておくと、乗車駅・降車駅で駅員さんが付いて下さいます。車いすやストレッチャーなど徹底したバリアフリーが必要な場合、エレベータのルートを先導してもらえるので助かります。

また、多目的室だけでなく、個室(コンパートメント)もあります。
普通の座席でよいが、個室が必要な場合はこちらを利用する方法もあります。ひかりレールスターの場合は、3名以上利用で通常の料金のみで個室が利用できるようです。

いろいろな方がうまく活用すると、非常に有効な設備だと思います。なかなか遠くへの外出が難しかった方でも可能になったり、調子が悪く横になりたいときにとても助かります。

広島−大阪間でも新幹線で2時間程度。とても車での移動に比べ短時間での行動範囲が広がります。小回りは効きにくいですが、このような設備と合わせて有効に使うことでもっと行動範囲を広げることができると思います。
また、障害者手帳がある場合、運賃の割引が利用できることがあります。うまく活用してください。

JR新幹線 多目的室の室内風景と近くの乗降口
JR新幹線 多目的室の室内風景と近くの乗降口JR新幹線 多目的室の室内風景と近くの乗降口JR新幹線 多目的室の室内風景と近くの乗降口JR新幹線 多目的室の室内風景と近くの乗降口
残念ながらベットにしたところの写真がみあたりません(^^;
いすを倒すことでベットにすることができます。

JR九州 特急有明の多目的室と近くの乗降口
JR九州 特急有明の多目的室と近くの乗降口JR九州 特急有明の多目的室と近くの乗降口

住所
URL
タグ(キーワード) / / / / / / /

コメント(2件)

k’s papaさん(09/06/20 10:38)
先日、東京から新大阪までのチケットをとろうとしましたら乗車拒否されました。
理由は、車椅子のサイズです。長さが120cm以上あるものは運行の安全上ダメだそうです。
よく利用していたのですが、こんなことを言われたのは初めてです。
障害者は旅行してはいけないのでしょうか?
JR東海の対応に憤りを感じています。
syougaisyadatteさん(11/07/06 18:55)
主さんの話が混同されている部分がありますので、補足させて頂きます。
東海道・山陽新幹線の場合は、障害者手帳の情報を明示して申し込めば、多目的室を指定席として販売していますので、後からの方が「お願い」と言われても代われない。代わるべき座席がありません。また、車内の通路幅が狭いので自走用のハンドルリムのある車いすでは他の席や他の車両に移動できない場合があります。
内部は完全に2名(横並び)仕様です。
JR東日本の新幹線の場合は、事前販売はしません。
当日乗車してから車掌に頼んで施錠されているドアーを開けてもらいます。
車掌が1名乗車の場合もあるので、発車直後に申し出ても車内検札などの業務が終わってからと言われる場合もあります。高崎〜(上野)東京間くらいなら待っていて、入ったら降車駅・・・って話です。
2階建て車両(MAX○○○号)は、多目的室とか車いす席などが階上にあるので、階段昇降機か何かを使うとかの説明を受けました。尚の事、時間が掛りそうなので、敬遠して、平屋の車両を使っている列車しか利用した事はありません。
内部は向かい合わせ2名仕様(ベッド上にしたら1名しか個室内おれない。非常に狭い空間です)
JR北海道は、「スーパー_白鳥・北斗・おおぞら・とかち号」に多目的室がありますが、「事前のご予約はできませんのでご了承ください」とHPに明記されています。

↓JR東日本の新幹線車両の多目的室について詳細に書きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sy...
↓JR東日本の新幹線『多目的(車いす対応)トイレ』のある車両について書きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/sy...

コメントを書く

この記事へのコメントの追加、投票はできません。

この記事のトラックバックURL

http://kokotuna.jp/odekake/trackback/item_189.html

※このページへのリンクがない記事からのトラックバックは、受け付けておりません。

トラックバック

トラックバックはありません

このページの先頭へ


Fatal error: Call to undefined method BLOG::checkJustPosted() in /home/users/0/weblike.jp-kokotuna/web/admin/libs/globalfunctions.php on line 1009