ココツナ!Blog

ココツナ!の中の人(管理人)のblog


ココツナ!Blog

«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || 次へ»

夏休みですね

先日、息子が児童デイサービスで育てたプチトマトを持って帰ってきました。オレンジ色でかわいい〜。
今日みんな分けて頂きました。甘くて美味しかったです。ごちそうさまでした(^―^)

さて、毎日暑い日が続きますね。
暑さが苦手な息子にとって、夏は1年で一番難しい時期です。
疲れや暑さにやられて発熱を繰り返しているうちに、徐々に体力を消耗して、最後には入院という負の連鎖を何度経験したことか。
今年は元気に過ごせるように、親子共々頑張らないと!です。

暑さ厳しい折、みなさんもお体大切にお過ごし下さいね。
元気に夏を乗り切りましょう!

2008年07月19日 22:17 | 息子のこと、私のこと | みつば |


散髪

今日は、息子の散髪に行ってきました。
以前は私が切ってきたのですが、今は近所の先輩ママに紹介してもらった美容室でお願いするようにしています。

散髪の時には、SRCウォーカーと体を前傾で支持できるクッションというスタイルです。SRCごとカットクロスを掛けて、チョキチョキやってもらいます。
たまに、私が頭を支えるお手伝いをすることもあるのですが、基本的には美容師さんおひとりでのカットです。
息子は周りの様子に興味津々で、チョキンと音がした方を振り返ったり、隣のお客さんがドライヤーを掛けてもらう様子をまじまじ見たり。(^^;
さぞ切り難いだろうと思うのですが、そこはプロ。今回もカッコよく仕上げて頂きました! 夏仕様ということで、かなり短めの仕上がりです。

地域のお店で散髪を、と先生方に勧められたとき、なかなか踏ん切りが付きませんでした。知らないお店にわざわざ行くのも億劫でしたし、どんな風に迎えて貰えるのかちょっぴり不安もありました。
何より、子どもが手を離れていくのが寂しいという、何ともお恥ずかしいような親のエゴが強くて(=´▽`)ゞ、「まだ『かーさんが髪切るのは嫌!』とか言い出す年頃じゃないよー」とイジイジしていました(笑)

息子を迎えてくれるお店がある事がありがたいと思えるようになったのは、小学校に入ってからです。療育センターではたくさんの人に関わってもらうのが当たり前でしたが、小学校では訪問学級になった事で関わってもらう人数が減ってしまいました。
お店の方と散髪というちょっとした時間を息子が持てる事は、今ではとても貴重な体験になりました。あの時、ママカット卒業を勧めて下さった先生方に、感謝したい気持ちでいっぱいです。
息子が疲れすぎないよう学校に慣れる様子を見極めながら、今後もこういう体験を増やしていきたいなあ、と思っています。

2008年06月18日 17:39 | 息子のこと、私のこと | みつば |


季節を見つけよう

息子は、週3日ほど家で授業を受けています。
訪問授業といって、通学が難しい子どもには先生が家まで来て授業をして下さるんです。1日の授業時間は2コマ(=90分)です。

訪問授業には「季節を見つけよう」というテーマがあって、先生が学校からその季節ならではのものを持ってきて下さいます。

さつき   みかんの花

季節の花は息子も興味津々で見ていますが、親の私も和みます(*´▽`)
でも、時にはこんなものも。

バッタが来た!! バッタが来たΣ(゜ロ゜;)!!

学校の草むしりしてたら見つけたんだそうです。
息子はもの凄いガン見してました。小さくて動くものが面白いんでしょうか。秋になったらコオロギも見ようね!と言って下さったので、これまた息子がどんな反応をするか楽しみです。
(訪問授業が終わったら、バッタは学校に放すということでした。)

2008年05月27日 08:29 | 息子のこと、私のこと | みつば |


説明って難しい

障害の原因について聞くのは失礼な事じゃない、と障害理解についての入門書には必ず書いてあります。むしろ、何も聞かずにじろじろ見られる方が嫌なものだと。

私もそう思います。
だから「ボクはなんの障害(病気)なの?」と聞いてくれる方がいたら、「仮死産で生まれて、脳性マヒになったんですよー」とサラッと話すようにしています。
(急いでいるときは、「はあ、ちょっと…」でごまかすこともありますけど(^^;)

でも、思うに任せないこともあります。
この前、学生時代の友人たちと久しぶりに会ったとき、息子と同学年の男の子に、「○○君は、どうして歩けないの?」と聞かれたとき、ちゃんと話してあげたかったのに私は「ええっとね…」と言ったまま固まってしまいました。

普通の小学校一年生のボキャブラリーってどの位なのかしら?(;゜0゜)
仮死産も脳性マヒも分からないだろうし…。
臍帯脱出の説明は難しいだろうし…。
生まれた時に死ぬ目にあったからとかの方が分かりやすいかしら…?
それとも、脳性マヒの説明をした方がいいの…?
でも、大人に説明するのも難しい脳性マヒを、子どもにどう説明する…?

情けないくらい考え込んでしまった私に助け舟を出してくれたのは、質問者である男の子でした。
「生まれつきなのーー?」
「うん! そんな感じ!!」
困らせちゃったなあと思って、助けてくれたんでしょうね。優しい子だ。(´_`。)
でも、生まれつきってのは微妙に違う気もするけど…。
その違いを説明する自信がないよ…ごめんね…。

今度、彼に質問されたら、ちゃんと説明してあげたいと思います。
今は息子が生まれた時に買った子ども向けの本↓を慌てて読み返して、勉強中です。

からだの不自由な子どもたち (障害を知る本―子どものためのバリアフリーブック)

からだの不自由な子どもたち (障害を知る本―子どものためのバリアフリーブック)
稲沢 潤子茂木 俊彦オノ ビン
大月書店
¥ 1,890 (定価)
¥ 1,944 (Amazon価格)
0 (Amazonおすすめ度)
在庫あり。(価格・在庫状況は6月16日 8:33現在)

2008年05月18日 09:23 | 息子のこと、私のこと | みつば |


母の日

ココツナ!ホームページ内のあちこちに細かく手を入れている間、ブログ更新サボってました。
前の書き込みから2週間以上たってるΣ(´Д`lll)
もっと小まめに書かなくちゃ!

先日の母の日、息子からプレゼントをもらいました。
週2日通っているデイサービス先で、キッチンタオル入れを作ってきてくれました。写真は、飾りに付いていたお花とカードです。かわいい〜(≧∇≦*)

正直なところ、息子の手は麻痺が酷くてほとんど使えません。だから、これも職員さんがきっと…。

でも、それが分かっていても嬉しさは減らない( ̄^ ̄)v
またキッチンタオルを使う気になれなくて、大事に飾ってます。息子に元気をもらって、まだまだ頑張ります!

2008年05月13日 10:26 | 息子のこと、私のこと | みつば |


«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || 次へ»


Fatal error: Call to undefined method BLOG::checkJustPosted() in /home/users/0/weblike.jp-kokotuna/web/admin/libs/globalfunctions.php on line 1009