Home > 用品クチコミ > 福祉車両/助手席リフトアップシート/ポルテ

福祉車両/助手席リフトアップシート/ポルテ

投稿日:07/11/28 
投稿者: はこすけ
参考になった:17
 第9回西日本国際福祉機器展での感想です。
 トヨタのウェルキャブシリーズが来ていました。やっぱり大手さんのブースは立派でした。

 車椅子や移動が不自由な方々には、すでになんらかの福祉系車両のお世話になっている方が多いと思います。障害があるとなかなか外出しずらいですが、車(福祉車両)があると一気に世界が広がる気がします。
 うちでも5年ぐらい前に助手席リフトアップ車両を中古で購入しました。(日産です(^^;)もう一気に世界が広がりました。うれしくて一家揃って外出しまくりでした。

 さて、今回の展示でちょっと気がついた点。5年前すでに現在のような機能が出揃っていましたが、車椅子のまま乗車できるのが「便利」ですよーといった売り方がメインだったように思います。(広島にもトヨタのハートフルプラザがあって見せてもらいに行きました)
 たしかに乗降の手間や時間を考えると、車椅子のまま乗れると早いし手間もかからないなと思っていましたが、実際に乗ってみるとどうだろうということになって乗車位置を見てみると、車の後部でとても圧迫感があり、車椅子のクッションでは、こりゃ短時間の移動ならいいけどゆっくり楽しくドライブは難しいねってことで、乗せ換えの手間はかかりますが助手席に乗せる機種に変更しました。やってみるとそんなに時間はかかりません。(我が家では正解でした。外がよく見えるのも快適みたいでした)

 で、今回の展示ではどの車両も助手席にリフトシートがついた車両が多かったです。ニーズがあがってきたのでしょうか。福祉タクシーではまだ後部に車椅子ごと乗せる車両が多いですが、今後乗る方の快適性も反映してくればなぁと思います。

写真はポルテではないです。普通のヒンジドアの車両です。
助手席リフトアップシート

 トヨタのポルテについて。
 これは助手席側がスライドドアになっています。もう出た当初からわが家ではほしー!となっています。車椅子への乗せ降ろしでヒンジドアだとドアを大きく開けないとシートを下ろせないため、狭い駐車場では非常に苦労していますが(車椅子用駐車スペースがいつもつかえるとは・・・理解してほしいですね)、スライドドアなら車椅子分の隙間だけで乗せ降ろしができてステキです。
 ただ、後部座席に介助者の乗せるとなると助手席側のスライドドアからしか乗降できないため、介助者のみを乗せ降ろししたい場合は介護者が外に剥き出しになっちゃいます。雨の日とかはつらいですね。運転席側はヒンジドアなので後部席用のドアもつけてほしいです。
 それから残念だったのは後部荷室がちょっとせまいこと。ビッツベースっぽいので難しいかもしれませんが、ぺたんこに折りたためる車椅子ならokですが、折りたたみであまり小さくならないバギーやストレッチャーおよびちょっと大きい荷物がある場合は入りきらないかもしれません。購入されるときは事前にいつも使われる車椅子やバギーを普通のポルテでいいのでディーラーで乗せ降ろしを試した方がよさそうです。また荷室口はフラットではなく敷居がありました。(これは逆にドアを開けたときに荷崩れしにくくていいかも)

 助手席、運転席側両方ともスライドドアだと外車ですがプジョーの1007という車種があります。残念ながら福祉車両のラインナップは見当たりません。個別に改造対応かなんとか乗り移れる方用ですね。かっこいいです。

会社名トヨタ自動車
URLhttp://toyota.jp
タグ(キーワード) / / / / / /

コメント

コメントはありません

コメントを書く

この記事へのコメントの追加、投票はできません。

この記事のトラックバックURL

http://kokotuna.jp/kaigogoods/trackback/item_60.html

※このページへのリンクがない記事からのトラックバックは、受け付けておりません。

トラックバック

トラックバックはありません

このページの先頭へ


Fatal error: Call to undefined method BLOG::checkJustPosted() in /home/users/0/weblike.jp-kokotuna/web/admin/libs/globalfunctions.php on line 1009