Home > 用品クチコミ > 低圧持続吸引器

低圧持続吸引器

投稿日:08/12/30 
投稿者: みつば
参考になった:43
低圧で唾液を吸引する機器です。
写真は電池で動く携帯用。ウチでは100均で買ったカゴに入れてます。

低圧持続吸引器 低圧持続吸引器 外出用セット
  
子どもと二人での移動の時、一番困るのが吸引です。
長い信号待ちの時にササッと済ませることが多いですが、やはり大変です。なるべく周りの迷惑にならないよう気をつけてはいますが、吸引に手間取って後ろの車にクラクションを鳴らされる事もあります。

友人にそんな話を何気なくしたところ、教えてもらったのがこの吸引器です。

ペットボトルを2つとチューブを組み合わせてコンプレッサーにつないだ、シンプルな作りです。(ペットボトルを2つ使っているのは逆流防止のためです。ペットボトル1つでも吸引できますが、2つ繋げて使う方が安全でしょう)
チューブに吸引用カテーテルを接続して口に含むと、じわじわ唾液が吸引されていきます。痰や鼻水を吸引するほどの威力はありませんが、唾液を吸引するには充分です。
口の中に唾液が溜まって不快な方、夜中や移動中の吸引を減らしたい方にはおすすめです。
勧めてくれた友人は子どもさんが寝ている間の吸引に使っているそうですが、これで2人ともまとまった時間眠れるようになり、介護が楽になったと話していました。

ただ、使用中は口の中で吸引用カテーテルが当たっている部分がちょっぴりムズ痒いような感じがあり、気になる方もいるかも知れません。
うちの子はチューブが気になるようで、自分で吸引用カテーテルを抜いてしまいます。これが使えたら、ドキドキしながらのドライブにサヨナラできそうなんですが(´;ω;`)

乾電池で動く携帯用と、コンセントからの電源で動く据え置き型があります。携帯用よりも据え置き型の方が音が静かです。


ペットボトルやチューブなどの消耗品は持続吸引器の販売会社で買う事もできますが、私は自分で揃えました。

持続吸引器 接続の様子
ペットボトルは、炭酸飲料のものが良いそうです(樹脂が厚く丈夫なので)。この蓋に、家庭用の電動ドリル(直径5mm)で2箇所穴を空けます。
チューブはホームセンターで購入しました。熱帯魚売場にあった「ハイソフトホース シリコンタイプ」5mで312円です。炭酸飲料の蓋に開けた穴に通して繋ぎ、使いやすい長さに切って使います。
この作業、道具があれば割と簡単にできるかな?と思います。
詳しい方法は販売会社のホームページでも紹介されています。

持続吸引器 カテーテルの接続
お使いのカテーテルによっては、別途コネクタが必要です。
このコネクタも販売会社でも取り扱っていますが、同じようなものがホームセンターの水道関連品コーナーにありました。1個30円くらいだったと思います。チューブを買う時に合うものを探してみて下さい。
(2009/01/23 文章と写真を追加しました)


会社名株式会社シースターコーポレーション
URLhttp://www.sea-star.jp/shop/g/g020400102/
タグ(キーワード) /

コメント

コメントはありません

コメントを書く

この記事へのコメントの追加、投票はできません。

この記事のトラックバックURL

http://kokotuna.jp/kaigogoods/trackback/item_217.html

※このページへのリンクがない記事からのトラックバックは、受け付けておりません。

トラックバック

トラックバックはありません

このページの先頭へ


Fatal error: Call to undefined method BLOG::checkJustPosted() in /home/users/0/weblike.jp-kokotuna/web/admin/libs/globalfunctions.php on line 1009