Home > 用品クチコミ > 車椅子バックビューモニタ

車椅子バックビューモニタ

投稿日:08/05/07 
投稿者: はこすけ
参考になった:10
バリアフリー2008で出展されていた製品です。

家の自家用車でもつかっているんですが、バックビューモニタって便利ですよね。最近の乗用車も初めからこれをつけた車が多くなってきています。一度使い始めると(過信しすぎるとあぶないのですが)手放せません。

さてさて、今回の展示会で車椅子にバックビューモニタをつけた展示があると興味をもって見に行かせてもらいました。

なるほど、添付の写真を見てもらえば一目瞭然ですが、車椅子の後ろ(矢印)に付いたカメラで後ろを写し、車椅子の前につけた液晶モニタに表示するといった、機構としてはシンプルなものでした。
1.車椅子バックビューモニタ
2.車椅子バックビューモニタ


実際に電動車椅子に付けてみて使われている方にお話を伺うことが出来ました。(親切にありがとうございました)
利点として
・上半身(首)が回らない障害のため、振り向けない方なのでとても有用とのこと。
・バックミラーに比べ、車椅子からの張り出し(出っ張り)がなくなるので、バリアフリー度が上がり、狭いところでも通りやすくなる。ミラーよりも視野が広い。
・(展示資料から)表示にグリットをつけることで、距離感の把握も可能

とのことでした。
乗用車と同様、もともと椅子に座ったまま後ろを振り返るのは難しいです。ましてや障害で振り向くのが難しい方やストレッチャー型の車椅子など姿勢から周りを見えにくい方もいらっしゃいます。
屋外では人や車に注意し、室内でも狭い範囲で見通しが悪いなか足元のものに気づくことができるなどたくさんの方に対してに便利だなとおもいました。(最低照度の低いカメラを使えば、室内や夜間など暗いところでも見やすいものができるかもしれません)
ただし、乗用車のバックビューモニタで相次いている事故(バックビューモニタだけで後進していて人や物にぶつかる:モニタに写っている範囲しか見えてない遠方や両サイドからのもの)の例もあるので、実際に運用する際には同じような注意が必要かもしれません。

この製品は大阪産業大学大学院工学研究科アントレプレナー専攻の出展でした。
実際の商品化はこれからとのことでした。
どこまで製品化が具体化しているか聞きそびれたのですが、起業家支援関係のようなので、製品化などで興味がある企業さんや腕に自信がある方は問い合わせてみたらよいかもしれません。


会社名大阪産業大学大学院工学研究科アントレプレナー専攻
URLhttp://www.entre.osaka-sandai.ac.jp/
タグ(キーワード) / / / /

コメント

コメントはありません

コメントを書く

この記事へのコメントの追加、投票はできません。

この記事のトラックバックURL

http://kokotuna.jp/kaigogoods/trackback/item_135.html

※このページへのリンクがない記事からのトラックバックは、受け付けておりません。

トラックバック

トラックバックはありません

このページの先頭へ


Fatal error: Call to undefined method BLOG::checkJustPosted() in /home/users/0/weblike.jp-kokotuna/web/admin/libs/globalfunctions.php on line 1009